バブルガムのブログ

海外ブログ(フィリピン)です。フィリピン株、ゲーム、本の感想なんかを書いてます。

ブログ紹介用ページ

自己紹介

バブルガムのブログ、現在フィリピンで就業しており3年になります。

新卒から海外で働きたい!という願望があり以降、フィリピンで語学関係のお仕事をしております。TOEICは大学の頃に取った結果、870点でした。海外旅行が好きで、ヨーロッパ一周をしたことがあります。趣味は読書・ゲームで割と無差別に読んだり遊んだりしています。趣味と呼べるかわかりませんが、フィリピンでの株式投資もしています。Twitterもしているので、是非フォローしてください。(@KKbubblegum3)

ブログ紹介用ページ

インデックス登録の対策として、ブログ紹介用ページを作成してみました。

大体、3か月くらいブログの運用を行っていますが11月頃からインデックス登録が止まってしまいグーグルサーチコンソールに引っかからない状態が続いています。

例によって、検索ワードでバブルガムのブログから記事を見つけて入ってくる人がいるみたいなのでもしかしたら効果あるのかな?と淡い期待を持って作成してみます。

ゲームレビュー

【メトロイド ドレッド】期待の新作。最速でゲームクリアをした感想 - バブルガムのブログ
【ヴェルヘイム】ヴェルヘイムを100日以上プレイした感想【COOPおすすめ】 - バブルガムのブログ
【酷評】XBOX ゲームパスがひどすぎる件について - バブルガムのブログ
【COOP】協力プレイ大好きな私がすすめるSteamゲーム10選【2021年】 - バブルガムのブログ
【Steam】 オータムセールス開始!個人的におすすめなゲーム10選 【2021年11月24日-12月2日】 - バブルガムのブログ
【COOP】協力プレイ大好きな私がすすめるSteamゲーム10選【2021年】 - バブルガムのブログ
【VRゲーム】ビートセイバーは痩せるのか?【50時間やった感想】 - バブルガムのブログ
【協力プレイ】ICARUS サバイブイカルス やってみた感想【1日目】 - バブルガムのブログ
【ザ・ラストスタンド: アフターマス】 ローグライク系サバイバルゲーム【ゲーム感想】 - バブルガムのブログ

フィリピン生活

【フィリピン生活3年目】フィリピンで生活していて思うこと - バブルガムのブログ
【満福ステーキハウス】満足度MAX フィリピン マカティにある美味しいステーキ屋さんに行ってきた。 - バブルガムのブログ
【史上最大規模】フィリピンで新設されたイケアにいってきた感想 - バブルガムのブログ
【フィリピンで人気上昇中?】フライドチキンアイスクリームを食べてみた - バブルガムのブログ

夢中で読める面白い洋書5選

面白い本とは?個人的な定義。

読書をするとき、「面白い本」の定義ってなんだと思いますか?

私の中では、「ぶっ続けで読んで数日間で完読してしまう」ことです。

 

つまらない本って、基本的にどんどん積まれていって結局最後まで読まないまま放置されてしまいます。

 

それって洋書だと更にハードルが高くなると思いませんか?

数ページ読んで本当にその本が面白いかどうかってわからないですし。

 

だったら、最初から面白いのを読めばいいと思って個人的に面白いと思う小説を陳列してみました。

 

星の王子様 / The little prince 

星の王子様は日本でも有名なタイトルです。

 

子供向けの文庫本と思われがちですが、内容は深く哲学的なストーリーが散りばめられており大人でも考えさせられる内容です。

 

星の王子さまはある惑星でバラの世話をしていますが、別の惑星で沢山のバラを見ます。そこで、王子さまは気づくのです。

 

「きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが、バラのために費やした時間あなんだ」

 

王子様は、いろんな惑星を訪れるのですがどの惑星も秀逸なエピソードがあります。

第二の聖書と呼ばれることもある位有名な作品です。

 

ゲームの達人 / Master of the game

ゲームの達人は、有名なタイトルではありますが日本では割とマイナーなタイトルではないでしょうか。この小説の面白さは「世代ごとのストーリー」になります。

最初は「お金持ちになりたい主人公」がダイアモンドを掘り当てるために発掘が盛んな街に赴くのですが、主人公は大人に幾度となく騙され絶望的な経験を何度も味わいます。

面白いストーリーを作るには、作中のキャラクターを敢えて困難に引き合わせ苦しませるだけ苦しませることです。それを乗り越えた後のカタルシスは何ともたまらないものがあります。この作品は、まさにそれを体現しています。登場人物は性格が悪い人が多く、主人公にも良心が欠けていますが、そこが良いんです。私が読んだ小説の中でもTOP1を争うほど面白い作品です。

 

私を離さないで / Never let me go 

Never Let Me Go

Never Let Me Go

Amazon

約束のネバーランドって知っていますか?アニメなのですが、子供が「農園」と呼ばれる施設で育てられ、「家畜」として出荷されることに気が付いた子供たちが逃亡を試みる話です。個人的にですが、約束のネバーランドは 「never let me go 」にかなり影響を受けていると思います。小説を読み進めるごとに「不思議な世界観」や 「大人の奇妙な行動」は読者の好奇心をそそります。おすすめの一冊です。

Dragon's egg : 日本語版なし

 

手塚治虫の話で、火の鳥という話があります。

その中で、「なめくじ」が生物の頂点に立ち、脳みそが発達し、言語や医療、化学などが現代人並みに成長し、やがてSFチックな空飛ぶ車などを開発できるまでに成長する話があります。

Dragon's eggでも同様に「なめくじ」のようなモンスターが登場します。彼らは、人間よりも何倍ものスピードで時間が進んでおり、人間時間での5分がなめくじ時間での数十年になります。

物語の構図としては、宇宙から観察をする「人間側の視点」と文明初期、人類でいう石器時代のような歴史を辿っている「なめくじの視点」から展開されます。このなめくじの発展が非常に面白く、原始人のような生活をしていたなめくじが、小さな村を形成するようになり、村が町になり、都市に、次第には「宗教」を形成していきます。

なめくじの時間は人間の時間感覚よりも早く成長スピードも早いためやがて「人間の技術力」を追い越します。「時間感覚が違う人間となめくじが、どうやってコミュニケーションをとるのか?」も見物でした。内容としては箱庭で生き物たちが発展するのを眺め、その様を神様のように見ているような感覚に陥る作品です。

Eden's gate : 日本語版なし

ソードアートオンラインって知っていますか?そんな感じの小説です。

英語では、「LitRPG」というジャンルに入ります。

MMORPGの仮想世界にダイブして、その中で生きていく主人公の話です。

Eden's gateの世界は地球の何倍も大きく、主人公はVRギアを装着して仮想世界に入ります。所が、仮想世界に入った主人公はもう現実に戻ることはできません。

精神だけがゲームの世界に入り、現実の体は亡くなってしまうのです。

主人公はRPGの世界で少しずつレベルをあげて自立していきます。主人公が強い装備を手に入れたり、新しいスキルを手に入れたりする過程はまさに「ソードアートオンライン」。洋書のラノベっぽい小説は初めて読んだんですが、意外にもハマってしまいました。キャラクターのレベルや派閥との関係性などかなり「スカイリム」というゲームに近いのかなと思いました。海外版のラノベってどんな感じなんだろう?って人にはぜひこの小説を読んでみてください。Kindle unlimitedで無料で全部読むことができます。

 

Poppy's play time 盗作疑惑・MOB Gamesからのパワハラに関して

Poppy's play time というホラーゲームをご存知でしょうか?

謎解き・チェイスホラーのジャンルを混ぜ合わせたようなサバイバルホラーゲームで、数多くのユーチューバーにプレイされており海外だけではなく日本でも認知度が高くなってきています。

ゲーム内で登場するhuggy wuggyというキャラクターは愛らしい見た目とは裏腹に、チェイス時には口裂け女のように裂けた口でうねうねと体をくねらせながら襲ってきます。口の中には幾多もの鋭い歯がありギャップを感じさせるようなキャラクターが魅力的です。

f:id:Babblegum:20220118161251p:plain

huggy wuggy

制作会社は「MOB games」、2021年10月12日に Popply play time をリリース、今作が処女作になります。本作は私もプレイしました。おもちゃ工場を探索するのですが、トイザラスにいるような空気感があり、かわいい人形やおもちゃが沢山ある工場の中で襲ってくるhuggy wuggyとのギャップは良くマッチしていたかと思います。ホラー映画の「Child's play」などおもちゃを題材としたホラーが好きな層にはささるのではないのでしょうか。

盗作疑惑に関して

さて、本題ですが 本作には 盗作疑惑がかけられています。

発端は、同社のアニメーションコミュニティで活動していた「Coaster」氏のツイートによります。彼は、アイディアの盗用だけではなくコミュニティー内で「いじめ」も受けていたようです。まずは、本人から発信させられたツイートを見てみましょう。

 

翻訳:最近、人気爆発中の「Popply play time」は、私の作成しているゲーム「Venge」のストーリーを盗作しています。

翻訳:荒廃した建物を探索する、というのはありがちな設定です。私が作成しているゲームでは、エンターテインメント業界でも随一に力を持つ「Rotnic」の工場がある日、従業員を含めた全員が不思議にも消えてしまうというストーリー設定にあります。

翻訳:私が作成しているゲームのシナリオは、「Poppy's playtime」と酷似しています。私は2017年は「Venge」を作成しており「2020年」にはリリースしています。下のゲームの紹介文をみてください。まるで、高校生がエッセイを真似て作ったようです。

 

「POPPY'S PLAYTIME」ストーリー紹介文

f:id:Babblegum:20220118164924p:plain

POPPY'S PLAY TIME

翻訳:PLAYTIME CO. へようこそ!

PLAYTIME CO は おもちゃ制作業界でトップに君臨しています。・・・そう、工場内にいた全員がある日突然いなくなるまでは・・。数年後、あなたは荒廃した工場を探索し、工場の真実を暴かないといけません。

f:id:Babblegum:20220118165433p:plain

VENGE

数年真のある日かつては有名だった「映画スタジオ」にいた全員が突然いなくなりました。あなたはお金のために映画スタジオに探索に入りますが、スタジオ内で落下し、荒廃した「Rotnic」社に閉じ込められることになります。入りこんでしまった世界であなたは「spirits」たちを起こしてしまい、彼らの世界へ移ってしまったのです。彼らの世界は、あなたの知っている世界とは全く違った世界でした・・。

翻訳:仮にもこれが、私とは関連のない制作者によって作られていたのではあれば話も違っていたかもしれません。しかし、開発陣は「EnchantedMob」と「ZAMination」です。彼らは、アニメーションコミュニティ内で私をいじめていました。ここに詳細を記載します。https://t.co/HUZEmd6AvR

翻訳:ストーリーだけの盗作ではありません。Poppy play timeに登場するキャラクターが、私が作成したキャラクターと似ています。MobやZam(開発陣)は、youtubeでは大きな影響力はあり、見ている人もたくさんもいます。また、私は個人クリエイターなのに対し、彼らは複数のチームでゲームを作成しています。

 

※左 Poppy play time / 右 Venge

f:id:Babblegum:20220118171029p:plain

f:id:Babblegum:20220118170946p:plain

キャラクターデザイン

私は、Vengeを擁護します。コミュニティサイトで受けたいじめや私の作品「Venge」からの盗作。見逃すことはできません。お金や名声などの話ではありませんが、もううんざりしています。

告発文に関して

docs.google.com

※原文です。

 

文章量がかなり多いため、Coaster氏が「いじめ」を受けていたと見受けられる部分を抜粋します。

f:id:Babblegum:20220119104204p:plain

JT machinima (クリエイター)さんの音楽の利用ライセンスの許可が下りたかどうか、「Zach Bal」( Enchanted mobのマネージャー)がリクエストしています。この段階では、まだ「いじめ」に該当するような場所は見当たりません。

f:id:Babblegum:20220119104432p:plain

Zach bel氏がCoaster氏に打合せを20分後に行うと説明しています。
Coaster氏(EKRCOASTER)が、生放送中であると報告すると、「じゃあやめれば?」 

と彼に生放送をやめるように促しています。

f:id:Babblegum:20220119104905p:plain

Coaster氏「15分後でいい?(打合せ)」

Zach Bel 「いいけど、あなたの生放送よりも打合せのほうが重要です。覚えておいてください。」

Coaster氏「はい」

Zach Bel「1時間の生放送は長すぎです。」

 

この打合せの内容は、Coaster氏は「ビジネスでの提案があるため」とのことで、内容は3A DISPLAY(コミュニティー)に入るよう勧誘を受けたようです。その際には、「あなたの収入だと、車すら買えないからプロジェクトに参加したほうがいいよ」と音声で伝えられたそうです。

また、Coaster氏は生放送を行っており「ファンよりも打合せの方が重要」とZACH BEL氏より伝えられましたが、当時は彼も若くパワハラに気づかなかったようです。

 

※抜粋先原文

>During the call, I was told that I should join 3A Display. I was told that I would never be successful UNLESS I joined and I was told I would never be able to afford things, like a car. I don’t have any proof of this, it was a call and I never thought to record.

 

3か月後

f:id:Babblegum:20220119105928p:plain

COASTER氏「妙なメッセージを最近受け取っています。メッセージによってはとても見過ごせるものではありません・・(添付されたイメージ)Gyazo: EKRCOASTERはくそ。アニメーションやめればいいのに」

Zach bel「ああ、そうだね。以前はみんなそんな感じだったよ?」

COASTER氏「そう・・でもあなたも言ってたよね」

Zach bel 「お互い距離を置くんじゃなかったっけ?」

COASTER氏「一言だけ言いたいけど、私は怒ってるわけではありません。」

f:id:Babblegum:20220119110545p:plain

COASTER氏は、Discordのサーバー内で受けている「Hate(攻撃的な中傷)」に関して

やめてほしいと伝えていますが、ZachがCoaster氏に対して「みんなあなたには良く接しているよ」と否定しています。

 

「アウトロ」のコピー

f:id:Babblegum:20220119111350p:plain

f:id:Babblegum:20220119111501p:plain

Zach氏は、Coaster氏が自身のアニメーションに利用していたアウトロがZach氏の作成したビデオに利用されていることに気が付き指摘したところ、「おまえがコピーしたんだろ・・・」と否定しています。

f:id:Babblegum:20220119111631p:plain

チャットの履歴が2018年に対し、Coaster氏は2016年からアウトロに使用された音楽を利用しています。( 音楽そのものは、ライセンスを取得しているわけではなく許可されたものを利用しているので法的には問題がありませんが、Zach氏はCoaster氏の作品を以前から見ていると発言しています。偶発的なものであるとは考えられないとCoaster氏は主張しています。

※本内容は、比較的わかりやすいと思った部分を抜粋しています。

そのほかにもコミュニティー内にいたメンバーから「Coaster氏」が作成した作品に対するダメ押しや親指を逆さまにした絵文字のスクリーンショットを公開しています。

 

Zach氏に関して

※POPPY'S PLAY TIME のクレジットから

f:id:Babblegum:20220119112304p:plain

EXECUTIVE PRODUCERに ZACH BELANGER氏の名前があります。Coaster氏が共有したスクリーンショットでは、数多くの「いじめ」発言を彼から受けています。最高責任者に当たるポジションのため、作品に与える影響はかなり大きいです。

まとめ

Coaster氏が受けていたコミュニティー内での扱いを考えれば、作品が「盗用」されたことはあり得るかと思います。なによりも、サーバー内で起きていたマネージャーからの不当な扱いや、コミュニティー内で発生している「いじめ」は見ていて心地良いものではありません。彼はまだ16歳とのことです。大人が子供に接していい態度ではありませんし、仮にPoppy's play timeが盗作ではなく「インスピレーション」だったとしてもそこに悪意があるのであれば当人も満足できないでしょう。彼自身も、メンタルヘルスに支障をきたしているようです。

 

関心のある方向けに

英語版ですが有志の方が検証している資料があります。

docs.google.com

 

【唐揚げアイスクリーム?!】フィリピンにあるフライドチキンアイスクリームを食べてみた

フィリピンにおけるフライドチキンとは?

フィリピンではチキンとライス(米)の組み合わせが定番です。

それこそ、日本でいう米・味噌汁・サバの味噌煮 くらいメジャーな組み合わせです。

定番なセットメニューなだけあって、フィリピンに進出している「マクドナルド」もハンバーガーでの販売に加え現地の味覚・嗜好に合わせて「フライドチキン・ライス」を提供しているほどです。日本でいう米・味噌汁・おかずの和食定番ですが、フライドチキン・ライスはフィリピンの定番と言ってもよいでしょう。ちなみに、スパゲッティ・ライスなんかも人気です。

フィリピンで人気上昇中?フライドチキンアイスクリーム

f:id:Babblegum:20211219183859j:plain

フライドチキン

どう見てもフライドチキンですね。これ、アイスクリームらしいです(;^ω^)

 

値段は1つ約330円(165php)でした。

 

フィリピンではジョリビーなどで「フライドチキン・お米セット」が大体220円(88php)で購入できます。

本物のチキンより高いんですねー・・。インスタ映えはしそうです。

味・見た目はどんな感じ?(実食)

f:id:Babblegum:20211219184610j:plain

フライドチキンアイスクリーム

ちゃんとフライドチキンの衣が付いています!なにで出来てるんだろう?

f:id:Babblegum:20211219184730j:plain

実食!

中身はバニラアイスクリームでした。

衣はシリアルですね。牛乳と混ぜて一緒に食べるやつです。

シリアルがうまいことフライドチキンの衣っぽくコーティングされていて、フライドチキンのサクサク感が再現されていますね。中身のバニラは結構ミルクが強くまろやかです。衣のシリアルと合うように調整されている感じで、ちゃんと美味しいです。写真では撮りませんでしたが、中にはチョコレートポッキーが入っていました!

公式インスタグラム @thefriedchickenicecream

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by The Fried Chicken Ice Cream (@thefriedchickenicecream)

www.instagram.com

提供先は【Mochi Creme】ー モチアイスクリーム

モチモチしたアイスクリームで有名なアイスクリームショップ屋さんです。

★フィリピンでも雪見だいふくみたいなアイスクリームがたまにコンビニエンスストアが出ています。もちもちしたアイスクリームがおいしいです。

どこから購入できる?

下記リンクからオンラインで注文可能です!

★メトロマニラ内であれば注文可能ですが、ほかの地域では受け付けていないようです。

forms.zohopublic.com

 

【ザ・ラストスタンド: アフターマス】 ローグライク系サバイバルゲーム【ゲーム感想】

The last stand aftermath (ザ・ラストスタンドアフターマス)とは?

【Dead zone】【The Last stand: Union city】を開発したクリエイターにより制作されているゲームです。ゾンビゲーが多いですね。

そんな本作も、やはりゾンビゲーです。

プレイ可能なゲーム機器は、PC版・PS4・PS5、Xbox Oneになります。

ジャンルはローグライク系ゲーム、ランダムに生成されるステージを周回し仲間を窮地から助け出すことを目的としたゲームです。

主人公は一度死んだら、生き返ることはありません。

何度も死んでは別のキャラクターを操作し厳しいゾンビの世界で物資を管理しながら生き延びて攻略していく必要があります。

ゲーム評価【癖になって何度も周回しているゲーム】

評価レベル:★★★★☆

スルメゲーです。

f:id:Babblegum:20211215195530p:plain

ザ・ラストスタンドアフターマス

ローグライク系のゲームは、基本的に周回していくたびに強い装備が手に入ったり能力が強化されたりするんですが本作もその手のゲームです。

なので、ゲームの作りとして序盤は主人公も弱く(操作できる主人公は、死ぬ度に別の主人公に切り替わります。)体力が低かったり、攻撃力が低かったりします。

主人公は、ランダム生成されるマップの工場や市街地などを通してゾンビが蔓延る世界からの脱出をするため拠点にいる黒人の女性から外に駆り出されます。

ただ、何度も駆り出されて死に続けていると「知識ポイント」や「ゲーム内で物資を購入できる物資ポイント」を手に入れることができるので死ぬのがストレスになりません。

むしろ、最初は物資を漁るの遅かったり 1匹1匹のゾンビが硬かったりするのが逆に主人公が強化されることで元々あった不便な部分(リュックの大きさなど)が改善されていきます。

それが相まって死ぬことに快楽さえも覚えてしまうほどです。

まさに死ねば死ぬほど強くなっていくゲームシステムなので割と頭空っぽにしてプレイできます。

f:id:Babblegum:20211215200508p:plain

パーク

物資ポイントがたまると、武器や回復アイテム、または恒久的なアイテムとして「サバイバー」を購入できます。

おすすめなのは、ライフル・知識ポイントの購入です。

ライフルは火力が高くマップの中盤以降、巨体のゾンビや大量のゾンビも出てくるので割と必須かと思います。

あとは、自身を強化するのに必要な「知識ポイント」は死ぬ度に購入するのをおすすめします。 

まとめ

個人的な評価レベル:★★★★☆

ゲーム全体としては、非の付けようがなく安定して楽しめました。操作性に関しては、キーボードで最初はしていたのですがコントローラーのほうが操作しやすいです。ただ、10時間-15時間ほどでクリアできるボリュームです。アクションが得意な人であればもっと早くクリアできそうです。

あんまりガッツリやるようなゲームではないですね。

 

客観的な評価:(スチーム評価)

スチーム評価 the last stand aftermath

スチーム評価

スチームでの評価では、「非常に好評」が1885件です。

低評価を見てみると、どうやらバグで引っかかったりしたという人がいるようでした。

私は特にバグは見なかったですがアプデで簡単に修正できてしまう時代なのでそこまで気にすることでもないかと思います。

めちゃくちゃ面白い!っていうゲームではないですが、なんとなく「ローグライク系」のゲームやりたいなぁ~って思ったら買ってみてもいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

【協力プレイ】ICARUS サバイブイカルス やってみた感想【1日目】

ICARUS サバイブイカルスとは?

プロデューサーはオープンワールドサバイブゲームで有名な【Day Z】 を制作したプロデューサー、Dean Hall氏が担当。DayZは2012年の発売日から1か月で100万本売れ、今も尚 世界的に遊ばれているヒットゲームです。そんなプロデューサーが率いて発売される新作ゲーム「ICARUS」サバイブイカルスには高い期待が寄せられています。オープンワールド型のサバイバルゲームで、最大8人プレイが可能。ゲームの目的は ミッションごとに設定されていて、「家を作る」、「○○を討伐する」「洞窟を探索する」など 目的に沿ってプレイヤーはゲームをプレイしていく形になります。さっそく、プレイしてみましょう。

1日目

宇宙船の内部

宇宙船内部

ゲームをプレイしたら宇宙船?のような中からはじまる。

外

宇宙船を出たら広大な土地が!

グラフィックキレイで感動。ミッションは簡単なチュートリアルが設定されておりそれをこなしていく感じなのかな・・とかなり手探りな感じ。

WWW

イカ

イカ発見。どうやら、酸素ゲージと食べ物ゲージ、水分ゲージがあり 定期的に食べ物と水分を摂取していく必要があるようだ。酸素ゲージ(O2)ってあるけどなんだ?

酸素ゲージ

酸素ゲージは石

どうやら酸素ゲージは、石から摂取できるらしい。青色の石があって、そこから直接石を食べる?ことができるみたい。なんか、そういう特殊な機能が主人公に備わっているのだろうか。

ピッケルで岩を掘る

ピッケルで岩を掘る

地面に落ちていた枝と石ころを拾って「ピッケル」を製作画面から作成。

これで、素手では取れない石塊を掘れるようになった。

ストームがやってきた

ストームがやってきた

小雨・・・かと思ったらまさかのストームに遭遇。シェルターに入れ!と警告がでてきたけど、シェルター作ってない。ずぶ濡れ。

狼

ストームの中をずぶ濡れで過ごしながら、スピアを作成。

狼を殺した。殺した狼は、作成したナイフで剥ぎ取り。ベッドを作るために貴重な皮を手に入れることができる。

持ち運び

持ち運び

狼を持ち運ぶことができるみたい。肉は結構頻繁に腐ってしまうから直接持っておくのもいいかもしれない。

宴

焚火を焚いて、1人バーベキュー・・。


そろそろさびしくなってくる。友達を呼んでみる。

家!

家!

協力プレイ時にセッションエラーが頻発。どうやら、リリース初日ということもあって、バグやセッションエラーが起きているようだ。

四苦八苦しながら、友達を招待して家を建築。外はもう真っ暗。夜になると、本当に何も見えない。

暗い室内

暗い室内

焚火を室内に置いたら、家が藁でできているだけに燃えてなくなりそうと躊躇しながらも無理やりおいてみる。火は移らないみたいで安心した。

❊外で焚火を使うと、周辺の野草に飛び火して回りの植物がなくなる。

肉焼く図

肉焼く友人

外は本当に暗くてなにもできない(-_-;)

ベッドを作るためには、皮がいるんだけど 途中から参加した友人は夜までにベッド作れず。一緒のタイミングで寝たら朝まで時間がスキップされるようだけど、今回はベッドが足りないから無理そう。

ちなみに友人はずっと肉焼いてました。

ストーム

ストーム

翌日はストーム。どうやら、ミッションは大方終わっているみたい。

この後なにすればいいんだろう・・? なにすればわからなくてググって10分くらい。情報でてないな・・・。スチームのコミュニティみて調べる。

宇宙ステーションへ

宇宙ステーションへ

どうやら、宇宙船を使って「ミッションを完了」する必要があるらしい!

ということでミッション完了。

協力プレイの仕方

協力プレイは、ゲームを開始する際に

「フレンドのみ」を選択→ゲーム開始

→ スチームを開く(「SHIFT」+ 「TAB」)→遊びたい友達を選択→「ロビーに招待」で出来ます。

ゲーム内のインターフェースで招待することができないため、スチームから直接呼び出す必要があります。

また、プレイする友達のほうも一度、キャラクター作成→キャラクター選択をしてから招待されたルームに入らないと別キャラが生成されてしまうのでご注意ください。

まとめ

クラフトの数はかなり多く、ワールド回ってるだけでもかなり楽しめました。

もともと、ARKやヴェルヘイムのようなオープンワールド型で1つのワールドを継続して遊ぶようなゲームだと思っていたのですが、本作では「ミッションシステム」を採用しているようです。

1つ1つ、ミッションが存在していてそのたびにワールドが生成されているような感じですね。

1つのワールドで巨大な家や要塞を作ったり、蓄膿をしたりするのを楽しみにしていた私は少し残念なシステムではあったのですが これはこれで拡張性が高く面白そうです。

また、ARKなどのサーバー独立型のオープンワールドゲームは一部のユーザーにサーバーが独占され、高レベル帯の巣窟になり初心者が十分に楽しめなくなってしまうのでサーバー選びが困難になりがちです。

今作のシステムでは、そういったことも起きないですね。

ただ、ロード時間が比較的ながく、2分~3分前後かかります。

ミッション完結型だとそのたびにロードが入ってしまうため少々ストレスに感じてしまうかもしれません。

カーソルが反応しないなどのバグや、日本語の翻訳もゲームの75%しか出来ていないようで、ゲームも発展途上という感じです。(❊カーソル反応しないバグは翌日に直ってました。

今後のアプデも追加予定ということで期待です!これからもプレイしていくかと思うのでちょくちょくブログのほうも更新していきます。